防犯カメラショップ

犯罪を知る@

犯罪を知ることも一つの防犯だと思うのでご紹介します。

スキミングの犯罪

スキミングとは、クレジットカードなど磁気カードに書き込まれている情報を抜き出し、まったく同じ情報を持つカードを作り出す犯罪のこと。

手口

実際の手口としては、商店・ホテル・レストラン等で支払いをする際に店頭に設置された読み取り装置内に、読み取られたカードの情報を記録、または送信・中継する 部品が不正に組み込まれていたりする。
その他、カードを一時的に盗んで、@スキマーを利用して情報を盗み取るといった手口や警官や信販会社のサービスマンになりすまして、 カードをチェックするふりをして、正当な所有者の目前でスキマーに堂々と通して情報を盗むという事例もあるそうです。

その後

盗み取られた情報は、精巧に偽造されたクレジットまたはキャッシュカード等に書き込まれ、クレジットカードの場合はそれで物品などを購入する事に使用され、 商品を騙し取るために利用されたり、キャッシュカードの場合には金融機関のATMなどから現金を引き出すのに用いられたりするようになる。
スキミングによる詐欺は、カードが手元に残るため、カード盗難のようにすぐ所有者がカード停止する事が無いため、月末などに使用明細が届くまで気付かれにくい。

対策

スキマー等の機器が小型化で一挙に多数のカード情報を盗み取れるほど高性能化していき、一度に多くの被害者を出すケースが近年増えてきたため、 対策として、金融機関によっては、1日の引き出し限度額を一律に引き下げたり、利用者各人が設定できるようにしたり、 また偽造が比較的難しいとされるICカードに切り替えるなどの対抗策をとる他、本人確認手段として、比較的他人に知られてしまいやすい暗証番号に加えて、 簡単に真似できない生体認証を導入する所も出てきています。その他、ATMなど直接金銭を扱う装置では、防犯カメラなどを設置して利用者の写真や映像を 撮影し続けることでスキミング被害等が報告された時には、その時のカード利用者の画像を警察に証拠として提出出来るようにするなど様々な対策が採られています。

説明

@スキマー
カード情報を読み取る機能を持った機械