防犯カメラショップ

住まいの防犯

 ニュースで連日のように住居侵入による事件が相次いでいます。
 防犯対策をして出来る限り事件に巻き込まれないようにして下さい。

出入り口の防犯

戸建住宅の場合、侵入者が住宅に侵入する最も多い方法がガラス破りで、
マンションの場合はガラス破り、サムターン回し、ピッキングとも
多いのが現状です。
 
ガラス破りには防犯フィルムや補助キーなどで対策し、
ピッキングは対策用の鍵へ交換するか補助ロックなどで対策しましょう。
 
また、ちょっとお隣までや新聞をとりに行く際も必ず施錠しましょう。
以外にも、ピッキングによる侵入より鍵のかけ忘れの侵入の方が多い
統計が出ています。

放火の防犯

住宅の火災は、統計では放火による火災が一番多く、
続いてたばこによる火災となっています。
 
一戸建てであれば、道路沿いの窓やベランダに注意する、
ポストの郵便物を溜めないなどの対策がありますが、
やはり、防犯カメラを設置することが一番防犯効果が高いといえます。
見た目に威嚇効果があり、万が一放火にあった場合でも、
犯人を特定する有力な証拠にもなります。
 
また、探偵や興信所などプロの業者にアドバイスを受けるのもいいかも
しれません。